ブログ

3.4.1.3 (a-3)’ 輸出実績の要求

これは、一定量の生産物が輸出されなければならないという要求である。

当初の中外合弁経営企業法実施条例(第4条)には、「設立申請する合弁会社は、・・・経済効果に留意し、・・・製品の輸出を拡大し、外為収益を増加させることができるものでなければならない」と規定されていた。

当初の外商独資企業法(第3条)には、「外国投資企業の設立は、中国の国民経済の発展に資するものでなければならず、輸出の全部または大部分に先進的な技術および設備を採用するか、または製品の全部または大部分を輸出しなければならない」と規定されていた。

関連記事

  1. 12.4 定款変更
  2. 5.10 M&A規定に独禁審査と国家安全審査が組み込まれる
  3. 11.2 外商投資法第40条:制定理由、適用およびその「犠牲者」…
  4. 5.7 (d)’の投注差に関する規制のさらなる複雑化
  5. 第13章 結語
  6. 11.3 国際違法行為に対する国家責任条文草案
  7. 12.2 中外合弁経営企業法と会社法の違い
  8. 5.3 内資企業による(c)輸出入権の取得
PAGE TOP