ブログ

3.4.2 (b)’ 外資規制

👉目次へ

外商投資企業については、外資規制が適用されており、外商投資企業は、ある種のビジネスについては、投資が禁止されるか、一定の割合まで制限されている。

中国の外資規制システムは、基本的に1970年代から1980年代にかけて形成され、参入審査+優遇措置の方式により運営されてきた[1]

改革開放の初期の中国政府の外資コントロールの目的は、外資、技術、経験を取り入れることであり、同時に、外資によってイデオロギー(資本主義者)や社会的な悪影響が及ぶのを制限することもであった。

最初の外国からの投資は経済特区においてのみ認められ、経済特区は当初は1979年から1980年までの間に深圳、珠海、汕頭、および厦門に設けられた。

許認可当局は、一般に、合弁会社を規制する曖昧な文言の法律や、公表されておらず、一般公衆が閲覧できず、実のところは存在しないと考えられていた「内部規則」に基づいて決定していた[2]

👉4.4 6.2 9.1


[1]宋晓燕、<中国外商投资制度改革:从外资”三法”到《外商投资法》> 4 上海对外经贸大学学报 5 (2019)参照。

[2] Mark Schaub、Foreign Investment in China’s Self-Driving Car Sector https://www.chinalawinsight.com/2018/03/articles/corporate-ma/foreign-investment-in-chinas-self-driving-car-sector/を参照

関連記事

  1. 9.4 外商投資の情報報告制度(外商投資法第34条)
  2. 3.4.9 (i)’ 補助金の付与による国有企業の競争優位性
  3. 5.8 (f)’ M&A規制:M&A規定の導入
  4. 6.6 (e)’外貨送金の規制緩和
  5. 5.10 M&A規定に独禁審査と国家安全審査が組み込まれる
  6. 3.4.1 (a)’ 実績要求
  7. 2.2 改革開放の40年間を四分割
  8. 3.4.10 (j)’ 収用または公用使用の可能性
PAGE TOP