ブログ

5.9 保護主義の台頭

👉目次へ

第三期の間には、保護主義の台頭みられた。

Julia Ya Qin教授によると、この期間中:

中国では、数十年にわたる改革開放で、国内の利益よりも外国の利益が優遇されているという認識が高まっていた。批判する者は、外国投資家が有名ブランドの中国企業を買収したり、価値のある中国の資産を格安価格で取得したりして、それが外国による産業支配や国内ブランドの消滅につながったと警告を発した。彼らはまた、外国からの投資は、中国への重要な技術移転をもたらさず、むしろ中国国内のリソースは研究開発でなく低級の製造分野に振り向けられたと非難した。

これらの懸念に一部対応して、中国政府は外商投資政策を再調整し始めた[1]


[1] (秦) 277-8

関連記事

  1. 第13章 結語
  2. 10.4 よく知られた信用システム
  3. 3.2.4 (d) 登録資本の引受け(資本金の払込みに代えて)
  4. 5.10 M&A規定に独禁審査と国家安全審査が組み込まれる
  5. 第5章 第3期:「ハイレベルな開放と保護主義」
  6. 4.1 鄧小平の「南巡」
  7. 6.4 国内企業の(b)国外からの外貨建て借入に関する規制緩和
  8. 第6章 第4期:「全面開放」
PAGE TOP