ブログ

3.4.1.2 (a-2)’ 外為均衡要求

👉目次へ

これは、外為の収支を均衡させることを要求するものである。

制定時の中外合弁経営企業法実施条例(第75条)には、「合弁会社の外為収支は概ね均衡を保たなければならない」と規定されていた。

制定時の外商独資企業法(第18条第3項)は以下のように規定していた:

外資企業は、自らの外為収支を均衡させなければならない。外資企業の製品が、関係当局の承認を得て中国市場で販売され、それにより企業の外為収支の不均衡がもたらされる場合には、中国市場での販売を承認した当局は、それを解決する責任を負う。

制定時の中外合作経営企業法(第20条)は以下のように規定していた:

合弁企業は、その外為の収支の均衡を自ら解決しなければならない。合弁会社が、その外国為替の均衡を自ら解決することができない場合には、当該合弁会社は、国の規定に従い関係当局に援助を求めることができる。

関連記事

  1. 3.2.1 (a) 税制上の優遇措置
  2. 3.2 各奨励策の内容
  3. 3.2.4 (d) 登録資本の引受け(資本金の払込みに代えて)
  4. 3.4.3 (c)’ 会社の設立と変更の厳格な手続
  5. 6.5 (d) 登録資本の引受(払込済資本に対して)が内資企業に…
  6. 12.3 会社法に従い調整を要する事項
  7. 10.2 2016指導意見
  8. 8.5 優遇措置と履行責任(外商投資法第25条)
PAGE TOP