ブログ

3.3 制限策

👉目次へ

制限策には、もともと以下のものが含まれていた:

(a)’実績要求(以下を含む):

(a-1)’ローカルコンテンツの要求

(a-2)’外為均衡要求(輸出入均衡の要求)

(a-3)’輸出実績の要求

(b)’外資規制

(b-1)’VIE

(c)’会社の設立・変更に関する厳格な手続

(d)’投注差

(e)’外貨送金

(f)’M&A規制

(f-1)’外資によるM&Aの独占禁止審査

(f-2)’外資によるM&Aの国家安全審査

(g)’強制技術移転

(h)’合同年度検査 / 合同年報

(i)’補助金交付による国有企業の競争上の優位

(j)’収用または公共使用の可能性

これらの制限策によって、外商投資企業は一定程度の「逆国民待遇」を受けていた。

関連記事

  1. 3.2.2 (b) 海外からの外貨借入の容易性
  2. 12.3 会社法に従い調整を要する事項
  3. 3.4.1 (a)’ 実績要求
  4. 第9章 投資管理(外商投資法第4章)
  5. 8.6 苦情処理制度(外商投資法第26条)
  6. 第1章 はじめに
  7. 5.6 (c)’会社の設立と変更の厳格な手続に関する改革
  8. 第7章 外商投資法の制定
PAGE TOP